日本では、欧州のように自転車道の整備がきちんと行われていないため、自転車は原則として車道を、「自転車及び歩行者専用」の標識がある場合は歩道も通行できるようになっています。自転車は車両ではありますが、車道も歩道も走ることが出来る、曖昧な部分もある乗り物のように思われます。ですが、どちらも通行できるとはいっても、これは私が自意識過剰なだけかもしれないのですが、自転車で走行していると、車道では車から、歩道では歩行者から、邪魔に思われているかも?と感じて、申し訳なくなることがあります。自転車って、なんだかイソップ童話のコウモリのような乗り物だな…と感じるのです。でも、私はその自転車の曖昧さが好きです。いろんなものの間隙をすり抜けて走っていける自転車は、リゾームっぽくて良いなぁと思うし、はみ出し者の私にはぴったりの乗り物なんじゃないか…と考えたりしながら、走っています。

この写真では勾配の感じがあまりわかりませんが、坂道の写真です。最近は暑いので、早朝に登坂しようと思って、頑張って登っています。まだまだ坂道はとても辛いですが、息が上がっても、なんとか足を動かし続けられるようになってきました。急に暑くなってしまったためか、身体はしんどいのですが、この夏を乗り切れるように体力をつけていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA