朝起きてとてもしんどく感じました。起きるのもやっとだったのですが、何となく思い立ってケーキを焼くことにしました。ベーキングパウダーもバターもありませんでしたが、ベーキングパウダーの代わりに卵白を泡立てて使い、バターの代わりには油を入れて焼いてみました。けれど、やっぱりあまりうまくふくらみませんでした。卵白の量が少なかったのか、泡立て方がよくなかったのか…お菓子作りは難しいです。一晩寝かせて、また味見をしてみたいと思います。

ケーキを焼いて、段々気持ちも上向いてきたので、自転車で外へ出かけることにしました。外出した際、最近よく目にするとても華やかな花があり、一体何という名前だろう?と気になっていたので、帰ってから調べてみました。

「酔芙蓉」という名の花だそうです。一日のうちに花の色が白から赤へと変化するさまが、お酒を飲んで顔が赤らむ様子によく似ていることから名づけられたとのことでした。由来が分ると、おもしろいです。「酔芙蓉」という字面も花の様子にぴったりで、美しいですね。

花の名前も、たくさん知っていたら、普段の生活が豊かになるだろうなぁ、と思います。それでも私はあんまり一生懸命にはなれません…。まぁ、何でも少しずつかなぁ、と思います。

🌼追記🌼

翌朝にバナナケーキを食べてみました。中はふわふわではなく、詰まった感じで些か固く、シコシコした食感でした。けれど、これはこれで、美味しかったです。バナナの風味がよかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA