■ラッコ背泳ぎ■

雨が降っていたので,思い立って市民プールに行くことにしました。数年前はしばしば通っていましたが,ここ数年は全く足が向きませんでした。

久々なので,行く事だけでも少し緊張して,どうしようかな…やめようかな…と何回か逡巡しましたが,イヤになったら途中で帰ってこればいいと思い,今日はプールまで行けたらそれでいいやと思うことにしました。

家で水着をきて,帽子とゴーグルとタオルと着替えをカバンに入れて出かけました。市民プールは電車に乗って,そこから少し歩いていきます。家を出ると,もやもやしていた気持ちもちょっと軽くなりました。

市民プールでは,コロナ対策のため検温と個人情報の記入が必要でした。

プールは平日の午前中のためか高齢の方が多かったです。多くの人は知り合いのようで,互いにあいさつを交わされていました。思ったよりも人が多く,加えて既にある程度コミュニティができあがっているようなところに自分が闖入していくように思えてしまって(気にし過ぎかも…),一瞬心がくじけそうになりましたが,周りの人々のことは気にしない,と自分に言い聞かせて入っていきました。

 

私は泳げないので,最初はゆっくり歩くコースで15分くらいのんびり歩きました。2,3人で話しながら歩いている女性グループもありましたが,一人で黙々と歩いている方もいました。私は25mを何歩で歩けるか数えながら歩いたり,時々ジャンプしながら歩きました。やっぱり水の中は気持ちがいいな,と思いました。

その後はビート板を使ってバタ足をして泳いだり,仰向けになってビート板をお腹に抱えてラッコのように背泳ぎをしました。

ラッコ背泳ぎは,息も楽だし,耳は水の中なので周りの音も静かになるし,見えるのは天井だけで余計なものが目に入ってこなくて,私は一番気に入っている泳ぎ方です。ただ周りの人にぶつからないようにだけ気を付ける必要があります。

そんなふうにテキトーにばちゃばちゃ泳いでいるだけでも15分くらいしたら疲れてきました。お昼近くになり人も増えてきたので,これくらいでもう上がることにしました。

帰り道は,身体がぽかぽか暖かくて,駅に向かっている途中で巻いているマフラーを外しました。心地よい疲れがあって,途中の自販機で暖かいお茶を買って,それを飲みながらのんびり歩いて帰りました。

いつかクロールと平泳ぎはできるようになりたいと思ってはいるのですが,道のりは遠そうです。今回久々に市民プールに行けたので,次にプールに行きたい気持ちになったときには,今日よりも気軽に足を運ぶことが出来そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA